中学受験で必要なこと|知っておいて損はない!中学受験面接対策のポイント

中学受験は学習のクセをつけさせることから始めよう

中学受験で必要なこと

先生と生徒

学習のクセをつけさせる

小学1年生から小学4年生までは、なによりも学習のクセをつけさせることが重要な時期です。毎日、親が言わずとも自分から勉強を始める習慣をつけさせるようにしましょう。国語や算数のドリルを買ってきて毎日30分程度で終わらせられる量を与えるようにします。小学4年生になるまでには、自分で計画を立てて計画通りに終わらせられるスキルを身につけさせておきましょう。

4年生から受験の準備を始める

本格的に受験の準備が始まるのは、小学4年生からです。塾に通わせると効率的に勉強をすすめさせることができます。5年生になると、具体的に入りたい名古屋の中学校を決めて志望校の訪問も行います。5年生は、6年生が始まる前に今までの勉強を全て理解しておかなければなりません。6年生になると毎日決まった量の勉強をこなして、志望校への合格を確実なものにしていきます。親子とも大変な時期ですが、しっかりとサポートして希望の中学校へ入学させてあげましょう。

公立中学と私立中学の違い

公立中学

公立中学は、環境の差が学校ごとで大きく変わりやすく図書館などの学校の設備もバラつきが多くなります。良い環境、良い設備の学校もあればあまり良いとはいえない環境の学校もあります。費用は、私立中学に比べると半額程度に抑えることができます。

私立中学

私立中学は、環境が良い学校が多くあります。学習環境も設備も整っていて豊富であることが特徴です。公立学校に比べると、あまり良い環境とはいえない私立中学は少ないといえます。しかし、費用は公立中学に比べて2倍ほど高くなります。

中学受験重要科目ランキング

no.1

算数

中学受験重要科目ランキング、第一位は「算数」です。中学受験は算数できまる、といわれるほど算数は重点をおくべき科目になります。中学受験の中でも算数は特に難しい科目とされ、この算数を攻略することが他の受験生の子と差をつけるカギになります。

no.2

国語

中学受験重要科目ランキング、第二位は「国語」です。文章を読む力、問題を解く力の2つの力が必要になります。普段の勉強はもちろん、勉強以外での会話や読書などの趣味も国語力に大きく影響してきます。

no.3

理科

中学受験重要科目ランキング、第三位は「理科」です。理科は苦手とする子が多いため、この苦手をいかに克服するかが重要になってきます。親のサポートも必要になる重要な科目です。早めに得意にさせてあげることが大切です。

広告募集中